屋形船の様々なスタイル

貸切りと乗り合い

屋形船には様々なスタイルがあり、1つの分け方が貸切り船か乗合船かという分類です。
貸切りとは職場や同窓会、地域の方の集まりや敬老会をはじめ、気の合う仲間と船を貸し切ってクルーズを楽しめるスタイルで、船会社にもよりますが、基本的に日程や出航時間も自由に設定ができ、クルージングコースや船内で過ごす時間や料理の内容、余興なども比較的自由に決めることができます。
10名から15名程度の小規模な船からから、日本最大級を誇る80名の船まであるので、少人数からの貸切りもでき、人数の多い職場の宴会にも対応可能です。

小型の船しかない場合でも、その会社で複数の船を所有していれば、人数を分散して2隻、3隻と貸し切る方法もあります。
送迎バスのサービスを提供しているところもあり、出航する乗船場の最寄り駅をはじめ、職場などへのお迎えをしてくれるところもあるので便利です。
一方で、乗り合いは出航時間やコースなどがあらかじめ決められており、当日乗り合わせた方と一緒にクルーズを楽しむスタイルで、人数が揃わなくても一人でも二人でも気軽に乗船ができます。

船には定員があるので、事前に申し込みや予約を行って乗るのが一般的です。
ただし、食事などが付かない1時間程度の周遊プランであれば、当日、直接乗船場に向かい、順番を待って乗ることもできます。

船内の中のスタイルも多彩

屋形船といえば、和のイメージで浴衣や着物が似合いそうな和の空間や、船に直接こしかけてクルージングするイメージがあるかもしれません。

ですが、船に初めて乗る方でも快適に楽しめ、雨風の影響も抑えながら飲食も楽しめるよう、近年はとみにゴージャス化している船もあります。
伝統的な畳敷きの和室スタイルから、最近ではイスとテーブルが配されたダイニングスタイルやレストランスタイルの船も登場しています。

お料理も多彩

屋形船では30分から1時間の短時間で周囲を一周したり、一定の場所と場所を繋ぐ周遊船もありますが、食事つきのプランが人気で各種宴会やお集まりに貸切りで利用される方や、お友達や家族でランチクルーズやディナークルーズの乗合船を利用する方が少なくありません。

忘年会や新年会、納涼会や花火鑑賞会をはじめ、還暦などのお祝いや結婚式の二次会、海や釣りが好きだった故人を偲び、法要に利用されるご家族などもいらっしゃいます。

冠婚葬祭にもおすすめの季節の料理が楽しめる手の込んだ懐石コースをはじめ、船上での揚げたて天ぷらや冬のお鍋コース、最近では若い人の利用も促そうと焼き肉やフレンチ、主婦友やシニア世代に人気の松花堂弁当が出るランチコースなども揃っています。
飲み放題プランなどもつけられますが、たいていの船はトイレ完備なので安心です。

多彩なおもてなしサービス

屋形船を提供する会社では様々なおもてなしサービスや、オプションプランなども用意されており、会社によって送迎サービスをはじめ、宴会を盛り上げるパーティーグッズや宴会グッズの無料レンタルサービスや、スタッフによる写真撮影サービスなどを提供しているケースもあります。
通信カラオケ機器なども搭載されているので、景色を楽しむだけでなく、船内でも楽しみがたくさんあります。
ビンゴゲームなどのゲームができたり、コスプレ衣装やカラオケを盛り上げる鳴り物などが揃っている船もあり、幹事の方も安心です。

和楽器やコンチェルトなどの船内ライブやコンサートの余興をはじめ、乗船記念グッズの販売や参加者へのお土産の用意などが用意されている船もありますので、事前に確認して宴会のコンセプトや集まる方のニーズに合わせた屋形船やプランを選びましょう。

屋形船なら芝浦石川がおすすめです!